カードローンにもデメリットはある

カードローン利用者が多い理由として、すぐに貸してくれるという点は大きいです。特に急ぎでお金が必要な時は、カードローンでサッと借りて解決できます。様々な用途に使えて便利ですが、カードローンにはデメリットもあるので、注意が必要です。

 

各種ローンと比べると、カードローンの金利は高めに設定されています。

 

例えば車を購入するための費用を借りたいのであれば、カードローンよりもマイカーローンの方が、低金利で借りられるでしょう。マイカーローンなら購入する車を担保にしたり、保証人を付けたりする場合もあります。それだけ貸し倒れのリスクも少なくなり、低金利でもローリスクで融資が可能です。

 

また、カードローンのように、今後、いつどんな理由で借入れが行われるのかが分からないのと違って、各種目的別ローンは使い道が初めから決まっています。自由度が高いのは、貸付け側にとってのリスクともなるので、その分金利が高めになってしまいます。

 

使い道が決まっている大型の融資は目的別ローンで、ちょっとしたお金の用足しならカードローンでと、使い分けをするという方法もあります。カードローンは最も手軽にお金を借りる方法の1つなので、ちょっとした要りようならカードローンが便利です。

 

いくら低金利と言われるオリックス銀行カードローンの契約金利であるとしても、各種目的ローンと比べれば高金利となってしまいます。カードローンの中では金利が低いとしても目的ローンよりも金利が高いのは事実であるため、何らかの明確な目的があるならカードローンではなく、目的ローンを使った方が良い場合もあります。

 

多くの広い目的や用途に利用ができるのがカードローンの良さではありますが、だからといって何でもかんでもカードローンで用立てるのは得策ではありません。場面に合わせて借りる商品を変えてこそ、カードローンも含めて各種ローンとうまく付き合えるようになるのです。