借りるなら銀行か消費者金融か

カードローンの良い所は、申込みから融資までが早く、その上使い道が自由で、様々な用途に使える点にあります。すぐにお金を借りられるので、緊急時でも頼りになります。

 

カードローンの取り扱い先は、大きく消費者金融と銀行系にわかれます。消費者金融は基本的にカードローンのみを取り扱いしています。銀行系に分類されるのは、銀行や信用金庫などの金融機関です。カードローンだけでなく、各種ローンなど様々な業務サービスの1つとしてカードローンも取り扱いしています。

 

消費者金融の特徴は、対応の早さと手軽さにあります。個人向けカードローンのサービスは早期から取り扱いしているので、長年のノウハウがあります。それが手続き時間の短さや審査の早さに繋がっています。金利が高い代わりに、審査は銀行よりも通りやすいと言われています。

 

銀行系カードローンの特徴は、金利の低さと安心感にあります。銀行系のカードローンは、消費者金融と比べて金利が低い傾向にあります。金利が低い分、借りたお金に対して発生する利息は少なくて済みます。長期間借入れや返済をしていくならば、金利による返済総額の違いも大きくなります。

 

そのため、高い金利で借りている方が銀行のカードローンに借り換えを行うといった使い方も多く見受けられ、人気となっているオリックス銀行カードローンへの借り換えは注目です。消費者金融での高い金利での借入れや、クレジットカードでのリボ払いが重なっていて返済が負担になっているといった場合でも、オリックス銀行カードローンへの借り換えや一本化のおまとめは有効な借り方となります。

 

また、銀行というだけでカードローンに対して抵抗なく契約できるという人も多く、安心して利用ができます。

 

安心とは言っても返済はしっかりと行わなければならないので、銀行だからと言って返済をいい加減にしても良いわけではありません。借りるのであれば銀行も消費者金融もしっかりと計画を持っておき、無理のない範囲で借りるようにしてください。